DIARY

過程と結果
15/Dec/09

今夜TBSラジオのアクセスを聞いていたら。
漫画家の福本伸行さんが出てました。

『賭博黙示録カイジ』を描いた人。
今年、実写映画でもカイジやってたね。

番組は途中から聞いてたんだけど、
テーマは「人生をかけた勝負をしたことあるか」
みたいな感じで、リスナーからの電話を
受け付けているものだった。

その中で、キーワードになったのは『勝負』。

「今の若者達が何かをしたいのにできないで
 さまよっているのは、勝負することを
 おそれているからではないのか。
 若いうちは勝っても良い。負けても良い。
 一番良くないのは、
 勝負しない…ということ。」

57992e150344aee6.jpeg

つまりは、
結果よりもっと大切なのは、
"そこに行き着くまでの過程"なんじゃないか
ということ。

現代は、いつの頃からか皆くちをそろえて
結果、結果、と言っている。
確かにその通りかもしれないし、
結果オーライなら良いこともいっぱいあるさ。

でも最近気になるのは、
結果良ければ全て良しになるためなら、
な〜んでもアリ、手段は選ばない、的な
経過段階がみえたりする。
数字、数字、金、カネと言ってるようにも聞こえる。

で、手段選ばず何でもアリでやった結果、
上手くいけばそれでオッケーなのかもしれないけど、
よくよく見てみると本来おもってた趣旨とは微妙に
ずれて違ってたりして、でも微妙すぎてそれすらも
みんな気づいてなかったりしてるのかなって、
思うことがある。

いつか重ね重なった時に初めて、それた軌道に
『あれ?私たちこんなことしてるつもりじゃ
なかったよね?』みたいなさ。

本末転倒になり得るような、
気づかぬうちにすり替わってる経過段階。

そういうのがそこら中にあるようだけど、
でもそれもまた歴史なんだろうかね。
そっからまた学ぶのかね。

でもさ、
失敗したくないとか、勝たなきゃ意味ないとか
言ってるどこかの国もあるかもしれないけど、
ここ日本はさ、戦後60年で、それ以来
欧米化もほとんどしてきてしまったけど、
やっぱもともとの気質や、体質や、風土に
あう生き方をしていくのが、結局は
心にからだに合ってる気がするんだよね。

昔、こんなにカリカリしてたっけ?
食べものの影響?

この頃はマクロビや漢方やヨガなども
みな見直して取り入れるようになってる。
私たちは昔からお魚や穀物、
野菜を多くとってきたから、
自然のものが本当は落ち着くのかもしれないよ。

まわりが何と言おうと、
世界がどういう傾向にあろうと、
勝ちこそ全てとか、お金とか、それに上手く
合わせられなくたって良いと思うんだけどな。


私としては
『勝てばラッキー、負けても大したことない』
だな。

確かに負けるのは悔しいけど、
勝ち負けを気にして何もできないなんて、
楽しみも経験できずにもったいない事よね。

過程がもしかして一番面白いところなのかもね。

62a49a32522d005e.jpeg
(ネットで見つけました。可愛い写真よね!)

−完−




<<2009年末 | 予定外あれこれ… >>

ARCHIVES

  • 201902 (1)
  • 201812 (1)
  • 201808 (1)
  • 201805 (1)
  • 201803 (1)
  • 201801 (1)
  • 201706 (1)
  • 201705 (1)
  • 201703 (1)
  • 201701 (1)
  • 201609 (1)
  • 201608 (1)
  • 201607 (1)
  • 201604 (1)
  • 201602 (1)
  • 201601 (1)
  • 201511 (1)
  • 201508 (1)
  • 201506 (1)
  • 201504 (1)
  • 201502 (1)
  • 201412 (2)
  • 201410 (1)
  • 201409 (1)
  • 201408 (1)
  • 201404 (1)
  • 201403 (1)
  • 201401 (1)
  • 201312 (1)
  • 201311 (1)
  • 201309 (1)
  • 201308 (1)
  • 201307 (1)
  • 201306 (1)
  • 201305 (1)
  • 201303 (1)
  • 201302 (1)
  • 201301 (1)
  • 201212 (1)
  • 201211 (1)
  • 201210 (1)
  • 201209 (1)
  • 201208 (1)
  • 201207 (2)
  • 201206 (1)
  • 201205 (4)
  • 201204 (4)
  • 201203 (3)
  • 201202 (2)
  • 201201 (3)
  • 201112 (3)
  • 201111 (2)
  • 201110 (3)
  • 201109 (1)
  • 201108 (2)
  • 201107 (1)
  • 201106 (1)
  • 201105 (1)
  • 201104 (2)
  • 201103 (3)
  • 201102 (2)
  • 201101 (2)
  • 201012 (3)
  • 201011 (1)
  • 201010 (3)
  • 201009 (1)
  • 201008 (2)
  • 201007 (1)
  • 201006 (4)
  • 201005 (1)
  • 201004 (2)
  • 201003 (1)
  • 201002 (3)
  • 201001 (2)
  • 200912 (2)
  • 200911 (3)
  • 200910 (2)
  • 200909 (3)
  • 200908 (3)
  • 200907 (2)
  • 200906 (2)
  • 200905 (2)
  • 200904 (2)
  • 200903 (1)
  • 200902 (2)
  • 200901 (1)
  • 200812 (3)
  • 200811 (3)
  • 200810 (2)
  • 200809 (2)
  • 200808 (2)
  • 200807 (1)
  • 200806 (1)
  • 200805 (2)
  • 200804 (2)
  • 200803 (5)
  • 200802 (4)
  • 200801 (4)
  • 200712 (7)
  • 200711 (5)
  • 200710 (2)
  • 200709 (10)
  • 200708 (2)
  • 200707 (1)
  • 200706 (1)
  • 200705 (3)
  • 200704 (4)
  • 200703 (2)
  • 200702 (1)
  • 200701 (2)
  • 200612 (2)
  • 200611 (3)
  • 200610 (2)
  • 200609 (2)
  • 200608 (1)
  • 200607 (2)
  • 200606 (2)
  • 200605 (3)
  • 200604 (2)
  • 200603 (2)
  • 200602 (2)
  • 200601 (1)

  • SEARCH


    OTHERS

  • RSS2.0
  • PAGE TOP