DIARY

さむ、あったかい
13/Apr/10

桜も散り始め、
そろそろ春本番かと思いきや、
まだまだ気候は落ち着かない模様。

東京も暖かかったりまだ寒かったり。


去年は友達数人と
わいわいお花見をしたマイカですが、
今年は近所の桜をしっぽり見にいく
といったお花見でした。

F1020037.JPG

少数だったのですが、一応お弁当も持って。
ゴザで寝っ転がってみたり。

F1020036.JPG

にしても、桜って不思議な木ですよね。

こんなにも盛大に、
しかも高い所に花が咲く木って、、、
他にそうないですよね。

どうなんだろ?
広い地球、
どっかにはあるんだろうけど、
とりあえずうちの近所にはないな。

F1020035.JPG

次のお弁当には、
今回作り忘れた"からあげ"を
ぜひとも入れたいと思います(笑)!!!


−完−




NY行ってきました。
15/Mar/10


先週6日間ほど、
高校の親友の一人とNYに行ってきました!

2010_0309AA-1.jpg

前回が2004年10月だったから、もう5年半も
経っちゃってるんだね〜。

2010_0309BD-1.jpg

なんかそうなると、
街もちょっと変わってくもんなのね。


お目当てのお店がいくつか無くなってたりしたり、
2004年になかったものが建設中だったり、

2010_0310BO-1.jpg

住み続けてる人、引越していく人、くる人、

2010_0309BQ-1.jpg

その中に、
新しく見つけたお店や歩いた道、見たものもあったり。

去年のイタリアの旅もそうだけど、
今回のニューヨークもまた、
『このまま、そのまま、自分らしく、いけばいいんだ』
というメッセージが聞こえた気がしたよ。

(↓マイカらしい…!?)
2010_0310AN-1.jpg

外国は
とどこおってるものを流したかったり、
ちょっと環境を変えたかったり、
少しの夢を見たかったり、
そんなようなものを求めて
人々は出かけることもあるよね。

何らかのメッセージが感じたり、聞こえたら、
それってラッキーなことよね。

2010_0310CA-1.jpg

『変わらない』ということを、
それでいいんだ!って再確認できたことが
やっぱり嬉しかった。

その嬉しさって、誰かと共有しあえるわけでも
生産的なことでも今はないかもしれないけど、
地味でも、目に見えた結果や生産性よりも
なぜか満ち足りた気持ちなんだよな。

2010_0312AR-1.jpg

今回はMOMAの近くに泊まってました。

2010_0312AS-1.jpg

そして初めて行ったカフェも素敵でした!

2010_0311AK-1.jpg

さ〜日々まい進、ますます歌つくるぞ〜!!!



−完−




ふぃぎゅあ
26/Feb/10

いやさささ〜〜〜

きんちょーしたーー!!!

息をのむ戦いでしたね〜。

そして決まりましたね〜。

金銀銅。

D1010479.JPG

に、してもね、
わたしゃどの選手達も
すごい良かったと思いましたよ。
入賞した選手も、それぞれ感動の場面が
ありました。
個人的には、鈴木明子選手にもらい泣きだった!
あと末恐ろしい(!?)と思ったのは
4位の長洲未来選手ですね。
彼女の完璧な演技に、4年後の新たなスターを
感じさせました。

ま〜それにしても、、、

すごい興奮しましたよ。

私はTVの前なのに、会場にいるかの如く
皆の演技を見ながら勝手に指が動いたり
口が動いたり。(わかります?これ)

力はいっちゃったね〜。

くぅぅ〜〜〜みたいな。

回転するところもたぶん、
私まで息止めてたよね(笑)!

とはいえ、
トリノの荒川さんの時の、あの
「なんだよ〜〜この人すっげぇ〜〜!」
っていう驚きと感動の涙は、
そうそうないもんなんだなぁ。
あの時は、も〜震えたもん。
と、それは置いといて。。

とにかく凄かったな。
あの精神力。集中力。勝負力。
技術と挑戦。
その結果のすべてが、素晴らしいんだ。

D1010477.JPG

私たちもまたそれぞれに、
人生の中での選手達であるよな。

おのれの心や努力により、
見ていく結果をそれぞれに
受け止め、背負い、
それは自分の為でもあり、
時にそれが意図せずとも
誰かの為になったりもする。

精一杯に戦ってる人たちを見ると、
本当に私もいろいろと感じさせてもらえる。

今日という日から
明日へと。

負けても良い。
勝っても良い。
挑むことに意味があるから。

D1010476.JPG

−完−



はじまりましたね〜
15/Feb/10

バンクーバーオリンピックですね〜!
冬季五輪の季節がやってきました。

D1010460.JPG

今の時期は日本も寒いし、
東京も天気があまり良くない日々が続いて
いるので、TVでオリンピックを見る機会が
結構あります。

いつもそうなんですが、今回も開会式では
ちょっとウルル…となってしまいました。

なんでですかね〜
私、毎っ回そうなんですよね〜
夏、冬、問わず。。。

や、どっちかっていうと冬かな、、、
冬季の開会式のが泣きたくなるかなぁ、、、
寒いからかなぁ、、、(えっ!?)

D1010471.JPG

なんて、そんな今年の開会式で
最高だったのは、私の期待通り!!
愛するカナディアンシンガー達の歌声が
聴けたことです!!!

曲として使われていたジョニミッチェルの
Both sides nowのオーケストラバージョン。
これは彼女の引退前の(現在復帰)DVDの
最後にレコーディング風景が収録されていて、
ぞわぞわ〜〜とした曲でもありました。

D1010459.JPG

そしてなんといっても!!!!!
超尊敬するサラマクラクランが
登場したことですっっっ(>u<)☆

D1010458.JPG

いや〜歌、めっちゃキレイだったな〜。
雰囲気もめっちゃ素敵だったな〜。
カナダ東部、ハリファックスに生まれ育った
彼女も、今はバンクーバーに住んでるという。
カナダの舞台で出なきゃおかしいぜ!
とまで思わせるような存在になって
しまったんだな〜。すごい。

D1010457.JPG

今回のバンクーバーオリンピックは、
出だしから色々あったみたいで、なんとも
シビアな一面も例年になく見られる気がする。

表と裏、光と影が見られるよな。

でも、それもまた人間ぽい一面なのか、
生身の人間が一瞬をかけて、その限界に挑戦
してる姿は、どんなに世の中がまわっても、
変わっても、同じ人間の心を打つものです。

アスリート達へは「すごい!!!」の
一言で、やはり集約してしまう私でした。。。

D1010461.JPG

−完−



立春
3/Feb/10

この季節の東京には
ここ数年よく雪が降りますね。

季節の分かれ目と書く『節分』。
邪気払いをして、無病息災を願う。
気候が変わり、雪降って
急に寒くなったりするから、
体を大事にしなさいってことかしら。

満月が重なったり、
命が生まれたり、終わったり、

雪の前後、
月の満ち欠け、
春が近づいてくる証とか、

目には見えない大きなうねりや
流れとともに、
わたしたちは影響を多少うけながら
生きてるんだね。

D1010456.JPG

頭でなく、
感じたものが真なり、、

目には見えない、
頭で考えても答えを出せない、
どんな力をもっても変えられない、

そんな何かの影響を受けながら
私たち生き物は生きてるんだね。


−完−


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45

ARCHIVES

  • 201703 (1)
  • 201701 (1)
  • 201609 (1)
  • 201608 (1)
  • 201607 (1)
  • 201604 (1)
  • 201602 (1)
  • 201601 (1)
  • 201511 (1)
  • 201508 (1)
  • 201506 (1)
  • 201504 (1)
  • 201502 (1)
  • 201412 (2)
  • 201410 (1)
  • 201409 (1)
  • 201408 (1)
  • 201404 (1)
  • 201403 (1)
  • 201401 (1)
  • 201312 (1)
  • 201311 (1)
  • 201309 (1)
  • 201308 (1)
  • 201307 (1)
  • 201306 (1)
  • 201305 (1)
  • 201303 (1)
  • 201302 (1)
  • 201301 (1)
  • 201212 (1)
  • 201211 (1)
  • 201210 (1)
  • 201209 (1)
  • 201208 (1)
  • 201207 (2)
  • 201206 (1)
  • 201205 (4)
  • 201204 (4)
  • 201203 (3)
  • 201202 (2)
  • 201201 (3)
  • 201112 (3)
  • 201111 (2)
  • 201110 (3)
  • 201109 (1)
  • 201108 (2)
  • 201107 (1)
  • 201106 (1)
  • 201105 (1)
  • 201104 (2)
  • 201103 (3)
  • 201102 (2)
  • 201101 (2)
  • 201012 (3)
  • 201011 (1)
  • 201010 (3)
  • 201009 (1)
  • 201008 (2)
  • 201007 (1)
  • 201006 (4)
  • 201005 (1)
  • 201004 (2)
  • 201003 (1)
  • 201002 (3)
  • 201001 (2)
  • 200912 (2)
  • 200911 (3)
  • 200910 (2)
  • 200909 (3)
  • 200908 (3)
  • 200907 (2)
  • 200906 (2)
  • 200905 (2)
  • 200904 (2)
  • 200903 (1)
  • 200902 (2)
  • 200901 (1)
  • 200812 (3)
  • 200811 (3)
  • 200810 (2)
  • 200809 (2)
  • 200808 (2)
  • 200807 (1)
  • 200806 (1)
  • 200805 (2)
  • 200804 (2)
  • 200803 (5)
  • 200802 (4)
  • 200801 (4)
  • 200712 (7)
  • 200711 (5)
  • 200710 (2)
  • 200709 (10)
  • 200708 (2)
  • 200707 (1)
  • 200706 (1)
  • 200705 (3)
  • 200704 (4)
  • 200703 (2)
  • 200702 (1)
  • 200701 (2)
  • 200612 (2)
  • 200611 (3)
  • 200610 (2)
  • 200609 (2)
  • 200608 (1)
  • 200607 (2)
  • 200606 (2)
  • 200605 (3)
  • 200604 (2)
  • 200603 (2)
  • 200602 (2)
  • 200601 (1)

  • SEARCH


    OTHERS

  • RSS2.0
  • PAGE TOP