DIARY

ぱぶろぴかそ
16/Dec/08

すっかり冬らしい毎日になってきました。
もう皆さん年末年始の準備を
始めてるんではないですか?

私は先週、
ピカソの展示会に滑り込みで
行って参りました。

場所は国立新美術館です。

20081212165528-1.jpg

初めて行ったんですけど、
もんのすごく近代的ですね〜〜!
いくつも展示会やってるふうでしたね。

やはり最終日近くなると来場者数は
多いんですね。この日もかなり人が多くて、
私ものぞくように見たりしていました。

とはいえ私にとって、
これだけたくさんのピカソの絵を
生で見ることは、おそらく
初めてのことだったでしょう。
うん、初めてだったはず。

なんかビートルズみたいなもんで(違うけど)、
子どもの頃からピカソのことは学校でも
図書館でもTVでもなんでも、いっぱい
やってたから、それで見たり知ってる気に
なってたのかもしれませんけど、やはり
生で見てみると、どれも初めて見て知るもの
ばかりでした。

20081212165556.jpg

岡本太郎さんが好きなので、それがらみで
ピカソの本もいくつか読んでましたけど、
ん〜〜
やっぱり人間、
知識だけじゃ大したことないですね。

『知識は経験に勝てない!』
  ↑
(その日の格言でした…)

−完−


しわす
5/Dec/08

今日辺りから寒くなってくるんだってね〜。
12月ですよ。
HPのトップもクリスマス仕様になってましたね☆

早いね〜、とかって、毎年12月になると
言ってる気がする。
四季がそうさせるんかねぇ。

四季のイメージって、日本人にはあるでしょ。
夏はうわ〜いパーティーパーティー!!みたいな
お祭り感覚で、日も長いしひたすら遊んじゃう
ようで、秋は仕事や学校に戻るでしょ、んで
冬は寒いからかぬくもりが恋し寂しくなってさ、
春を待って、春になれば新しい気持ちで始めたり、
少しずつまた外に出てゆくんだ。

それを毎年繰り返してるから、
またその季節になるとその気分になることを
思い出して、「早いな〜」になるんじゃないかね。

と、分析してみた所で、

20081204200253.jpg

昨日はリハで、今度の22日のゲスト
京太朗と晴彦と、デビュー直後のHanahちゃんと
会いました〜!

いい具合にリハできましたもんで、
なかなか楽しみでございますよ。

師走はやることいっぱいだよね!
みんなそうだよね。
13月ってのが欲しいよね。
あ、でもきっと欧米人は嫌がるかな…(笑)

12.5月ってとこでもいいわ☆

−完−



All I want for Christmas is U♪
29/Nov/08

こんにちはこんばんは皆様。
今日は"いい服"の日だそうです。。
1129、イイフク…だそうです。
(ダジャレ?)←や、本当です。

もうすぐ12月になりますねぇ。
数日前、夕方TVをつけていたら
懐かしいドラマの再放送がやっていました!
そう、『29歳のクリスマス』です!

F1000300.JPG

なつかしいですね〜。
私は当時高3でしたよ。
29歳って、大人で、自由で、
男女で仲良く独身なら一緒に暮らしたり
できちゃうんだな〜なんて思ってたけど、
ん〜今その歳を過ぎて見てみると、また
18歳の私とは違ってドラマを見れました。
大人とか自由とか、そうでもないな〜という
部分もあれば、そうだな〜ってのもありで。
なんつーか、18の時には流し見してた
箇所も、今ならもうちょっとわかるというか、
意外と真剣に納得しながら見てましたね。

それって、北の国からもそうなんですよね…
と、北の国から話は長くなるのでまたとして。

『29歳の…』で私が注目したこと、、
それは女優陣が非常にナチュラルで美しい!
ことかな。
山口智子さんも松下由樹さんも、私は当時から
好きな女優さんでお姉さん女優として見てたけど、
再放送ではおそらく29歳前後の彼女たちで
今の私と同じくらいの年齢だったのでしょう。

F1000299.JPG

それで言うと、彼女たちのメイクもほとんど
素に近いようにナチュラルで、だからなのかな?
その人の美しさがよくわかる。
女性って綺麗なんだなって、思う。

F1000301.JPG

今はみんな、
若いうちからメイクしてるから
素の顔や表情がどれだけ綺麗かって、
逆にわかりにくくなってるよなぁ。。
って、おばちゃんかいっ!?

そんなわけで、
マライアの曲を聴くと、
瞬時にクリスマス気分がやってきます。
そして私はその曲をよく歌っていた
オランダの友達を思い出します。

またクリスマスカードの準備をしなきゃ☆

−完−

京晴&マ〜
17/Nov/08

どもぉ〜〜!!!
マイカでっす。

今日は将棋の日らしいです。

日が経つのが早いですね〜。
陽が落ちるのも早いですしね〜。
そして異常気象のせいなのか例年通りなのか、
11月なのにそんなに寒くないですね〜。
こういう時期って風邪ひくんだよね。
みなさん体調壊してませんか?
私は今んとこ、だましだまし、どうにか
風邪はひいてない感じです☆

先週は色々と忙しかったんですけど、
どれも楽しい日ばっかりでした。
中でも、今度のクリスマスライブでもゲストに
来てくれる、京太朗と晴彦のレコーディングに
立ち合ったことです。

私もちょいちょいディレクションをさせてもらい、
楽しさあふれながらも勉強になる数日間でした。

20081112183156.jpg

やぁ〜とはいえ、
彼らの歌はやっぱり良いね〜!
素晴らしいよ!
これから益々いろんな曲を聴いていきたいね♪

京太朗と晴彦の歌声をお聴きになりたいあなたっ!
12月22日のマンダラライブに是非お越しあれっ!

−完−


ルネッサ〜〜ンス☆
7/Nov/08

寒かったり暖かかったり、変な天気ね〜。

今日は制作の合間にリフレッシュも兼ね、
頭を刺激させようと思い、新宿まで
絵画展に行って参りました。

その名も〜
“西洋絵画の父 ジョットとその遺産展”
です。

今回はジョットからルネサンス初めまでの
フィレンツェ絵画ということで、私の大好きな
時代のイタリア絵画のだなーと、何だか運命的な
ものを感じ、招待券も頂いてたので
時間の隙間をぬって行ってきました。

20081107143326.jpg

ジョットの絵は意識してちゃんと見たことが
あったかどうか〜。。。海外へ行くたび、
機会があれば必ず美術館を訪れてたので、
もしかしたらどっかでは見たことあったかな〜
なかったかな〜?と定かではなかったので、私は
今回初めてジョットの絵をちゃんと見たといっても
いいくらいでしょう。

私が一番好きなのは、というか、
誰に教えてもらったわけでもないのに
子どもの頃から何故か惹かれてやまないのは、
ミケランジェロやダヴィンチやボッティチェリの
いた頃の15〜16世紀の絵画です。
(特に宗教画!)
ジョットはそれ以前の13〜14世紀になりますから、
それ以降の画家たちが手本にしていたというのも
頷けます。
640px-Giotto_-_Scrovegni_-_-36-_-_Lamentation_(The_Mourning_of_Christ).jpg

ジョットの絵はもう古すぎて、
それに壁画だったりするから
ふちが削られてたり、その壁の一部だったり
剥げてたりして、あまり大きなサイズのものは
見られませんでしたが、技法はとても興味深く、
近くで見るとそれはそれは細かくて
みごとな描かれ方をしていました。

なんか、金ぱくが張ってあったり、そこに
型抜きみたいのを使って模様が付けられてたり、
近代では見られない工夫も見られたなぁ〜。

イタリア行って、本物を見たいよぉ〜〜!!!

42階にある東郷青児美術館からの眺めも
気持ちよかったしね(^^)!

20081107143227.jpg

面白かった!!!

−完−


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45

ARCHIVES

  • 201706 (1)
  • 201705 (1)
  • 201703 (1)
  • 201701 (1)
  • 201609 (1)
  • 201608 (1)
  • 201607 (1)
  • 201604 (1)
  • 201602 (1)
  • 201601 (1)
  • 201511 (1)
  • 201508 (1)
  • 201506 (1)
  • 201504 (1)
  • 201502 (1)
  • 201412 (2)
  • 201410 (1)
  • 201409 (1)
  • 201408 (1)
  • 201404 (1)
  • 201403 (1)
  • 201401 (1)
  • 201312 (1)
  • 201311 (1)
  • 201309 (1)
  • 201308 (1)
  • 201307 (1)
  • 201306 (1)
  • 201305 (1)
  • 201303 (1)
  • 201302 (1)
  • 201301 (1)
  • 201212 (1)
  • 201211 (1)
  • 201210 (1)
  • 201209 (1)
  • 201208 (1)
  • 201207 (2)
  • 201206 (1)
  • 201205 (4)
  • 201204 (4)
  • 201203 (3)
  • 201202 (2)
  • 201201 (3)
  • 201112 (3)
  • 201111 (2)
  • 201110 (3)
  • 201109 (1)
  • 201108 (2)
  • 201107 (1)
  • 201106 (1)
  • 201105 (1)
  • 201104 (2)
  • 201103 (3)
  • 201102 (2)
  • 201101 (2)
  • 201012 (3)
  • 201011 (1)
  • 201010 (3)
  • 201009 (1)
  • 201008 (2)
  • 201007 (1)
  • 201006 (4)
  • 201005 (1)
  • 201004 (2)
  • 201003 (1)
  • 201002 (3)
  • 201001 (2)
  • 200912 (2)
  • 200911 (3)
  • 200910 (2)
  • 200909 (3)
  • 200908 (3)
  • 200907 (2)
  • 200906 (2)
  • 200905 (2)
  • 200904 (2)
  • 200903 (1)
  • 200902 (2)
  • 200901 (1)
  • 200812 (3)
  • 200811 (3)
  • 200810 (2)
  • 200809 (2)
  • 200808 (2)
  • 200807 (1)
  • 200806 (1)
  • 200805 (2)
  • 200804 (2)
  • 200803 (5)
  • 200802 (4)
  • 200801 (4)
  • 200712 (7)
  • 200711 (5)
  • 200710 (2)
  • 200709 (10)
  • 200708 (2)
  • 200707 (1)
  • 200706 (1)
  • 200705 (3)
  • 200704 (4)
  • 200703 (2)
  • 200702 (1)
  • 200701 (2)
  • 200612 (2)
  • 200611 (3)
  • 200610 (2)
  • 200609 (2)
  • 200608 (1)
  • 200607 (2)
  • 200606 (2)
  • 200605 (3)
  • 200604 (2)
  • 200603 (2)
  • 200602 (2)
  • 200601 (1)

  • SEARCH


    OTHERS

  • RSS2.0
  • PAGE TOP