DIARY

Term 3なかば!
今回はマイカプロデュースの楽曲も
幾つかあり、そのレコーディングも
着々と進んでおります。

ギターも弾いてまっせ〜。
いつものGibsonと、今度新しく作ってもらう
ギターの原型モデル(試作品ギター)などを
いろいろ使ってみました。

F1000131small.jpg

いつもだと昼間から始まるレコーディングには
ちょっとおやつ代わりにお菓子とかパンとかを
つまみ食いしてしまうのですが、自分が
ディレクターズチェアに座る時はやはり
集中しているのでそれどころではないのです。
間食は太るもと!?かもしれないから
気をつけなければ〜マイカちん(^0^;

っと、いうわけで
『何チュ〜顔してんの?』というような
ギター録音前の私の表情→をお楽しみ下さい。

−完−
夢のような週末
レコーディング三昧の日々を
ちょっと抜けて、先週末
マイカは房総に行ってきました。

しばらくスタジオにて毎日のように
音に向かって集中していたので、
ちょっとした骨休めとでも言いましょうか。

房総ではほとんど釣りをしていました。
…といっても、まだ釣りは3回目。
2年に一回くらいしか行ったことないから、
今回も竿に針をつけるやり方さえも
忘れかけていましたが、何度かやってると
うっすら思いだしてきて釣りを楽しむことが
できました。

あとはガラス工芸のお店で、
ガラス職人さんに指導を頂きながら
グラスを作ってきました。
もうそろそろ家に届くらしいので、
とっても楽しみです。

泊まった宿もオーナーさんもとても
素敵で、良いプチ旅行でした。

帰り際に、そのオーナーさんが持ってる
お花畑でポピーを沢山摘ませてもらいました。
つぼみを採ってきたのですが、昨日辺りから
ぽつぽつと花が開いてきました。
とっても可愛いですよ♪

今週からまたレコーディングの続きです!
良い作品になってきてますので、皆様
どうぞお楽しみに!!!

−完−
朝までテレビを
人々は討論する。
歴史のこと
人種のこと
している側も、観ている側も、
それを経て、様々な感情を抱く。

時間の中で、
知られている真実もあれば
知られざる真実もあるとすれば、
ねじ曲げられている事実もあるかもしれない。

歴史を振返ったり価値観の相違を
言い合ったり、どれも時代差や個人差が
あるから、必ずしも終決に繋がるとは思えない
けど、討論がなければわからない部分、もしくは
感じられない部分もあるから仕様がない。

討論という場は、
恐らくどちらが善で悪の…ではないわけで、
どちらに賛成するかというより、私たちにはまだ
問題が残っているのだということを表して
いると思うし、また自らの意見を
見直す場でもあると思う。

時代は流れるし、どの国も今そこにある。
自分が頑張らなくても誰かが、何かが、
それを動かしてくれている。。のかもしれない。
だけど討論という場がある限り、それは
すでに人ごとではなくなっているという
ことだったりして。

一つの答えにたどり着かないのが討論なら、
あとは自分の目で、心で、意見していくことが
大事なんじゃないかな、とも思う。

私にはまだまだ知らないことがいっぱいある。
一時的な感情で意見したくもなるけど、
意見するほど知ってるわけでもない。
だから討論を観ている。そして私に何ができるのか
何を思うべきかを真面目に問う今夜である。

−完−
モグラな私
レコーディング4日目、
午前3時23分。
Term1の音入れ作業は今日で終了〜!
皆様お疲れさまでした。

20070316013357mini.jpg

プリプロから含めて約2週間を
楽しくそして集中して制作致しました。
スタジオは地下にあるために、たいがい
いつも圏外、昼間にスタジオ入りするも
終わって外に出ればもう夜に。
モグラのような毎日を送っておりますが、
良いものができてきてるので、嬉し楽しい
レコーディングでございます。

また来週も別曲をRecしたりMIXしたりと、
このまだまだスタジオ続きのマイカです。
やっぱりレコーディングは面白いなぁ〜♪
きっとミュージシャンのほとんどは
この作業が好きだと思う。
真っ白いところから少しずつ少しずつ
作り上げられて行く感じが、たまらなく
面白いのですね〜。
製作人ですよ、まさに!

まずは以前からもサウンドプロデュースを
一緒にしている弥吉さんとプログラマーの
大和田さんとのプロジェクトが終わりました。
彼らとはいつも楽しい楽しい笑いの時間が
あって、大好きです。
今回も更なる明るさ、ポップでロックな
サウンドが彼らと共に作り出されました。
素晴らしいです!!!
早く歌いたいですね〜〜(≧u≦)☆

と、いうわけで、
Term1の皆との明け方shotです!
弥吉さん、大和田さん、ありがとう!!!

−完−

はじまりはいつもプリプロ
レコーディングのプリプロが始まった。
20070309205754mini.jpg

音に触れていると
ここに帰ってきたなぁって気持ちになる。

抜けだせないこの感覚、
病み付きになるこの快感、
作り上げられていくこの行程が
私はたまらなく好きな作業なのです。

オリジナル作品のレコーディングとしては
実に3年ぶりになる今回。
作曲も前のやり方を忘れたかのように
新たな気持ちで書きはじめてたので、
面白いものができあがってきている。

この期間はいつも
起きてから寝るまでの間ずーっと
音楽のことばかり考えていて、
それが至福だったりするのだ。

どっぷりここに浸かっていたい。
この建設的な出来事を
こよなく愛している。
その場所に今、私がいられることに
もーれつに感謝している。

明日もまだ、続くそれに。

−完−
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45

ARCHIVES

  • 201703 (1)
  • 201701 (1)
  • 201609 (1)
  • 201608 (1)
  • 201607 (1)
  • 201604 (1)
  • 201602 (1)
  • 201601 (1)
  • 201511 (1)
  • 201508 (1)
  • 201506 (1)
  • 201504 (1)
  • 201502 (1)
  • 201412 (2)
  • 201410 (1)
  • 201409 (1)
  • 201408 (1)
  • 201404 (1)
  • 201403 (1)
  • 201401 (1)
  • 201312 (1)
  • 201311 (1)
  • 201309 (1)
  • 201308 (1)
  • 201307 (1)
  • 201306 (1)
  • 201305 (1)
  • 201303 (1)
  • 201302 (1)
  • 201301 (1)
  • 201212 (1)
  • 201211 (1)
  • 201210 (1)
  • 201209 (1)
  • 201208 (1)
  • 201207 (2)
  • 201206 (1)
  • 201205 (4)
  • 201204 (4)
  • 201203 (3)
  • 201202 (2)
  • 201201 (3)
  • 201112 (3)
  • 201111 (2)
  • 201110 (3)
  • 201109 (1)
  • 201108 (2)
  • 201107 (1)
  • 201106 (1)
  • 201105 (1)
  • 201104 (2)
  • 201103 (3)
  • 201102 (2)
  • 201101 (2)
  • 201012 (3)
  • 201011 (1)
  • 201010 (3)
  • 201009 (1)
  • 201008 (2)
  • 201007 (1)
  • 201006 (4)
  • 201005 (1)
  • 201004 (2)
  • 201003 (1)
  • 201002 (3)
  • 201001 (2)
  • 200912 (2)
  • 200911 (3)
  • 200910 (2)
  • 200909 (3)
  • 200908 (3)
  • 200907 (2)
  • 200906 (2)
  • 200905 (2)
  • 200904 (2)
  • 200903 (1)
  • 200902 (2)
  • 200901 (1)
  • 200812 (3)
  • 200811 (3)
  • 200810 (2)
  • 200809 (2)
  • 200808 (2)
  • 200807 (1)
  • 200806 (1)
  • 200805 (2)
  • 200804 (2)
  • 200803 (5)
  • 200802 (4)
  • 200801 (4)
  • 200712 (7)
  • 200711 (5)
  • 200710 (2)
  • 200709 (10)
  • 200708 (2)
  • 200707 (1)
  • 200706 (1)
  • 200705 (3)
  • 200704 (4)
  • 200703 (2)
  • 200702 (1)
  • 200701 (2)
  • 200612 (2)
  • 200611 (3)
  • 200610 (2)
  • 200609 (2)
  • 200608 (1)
  • 200607 (2)
  • 200606 (2)
  • 200605 (3)
  • 200604 (2)
  • 200603 (2)
  • 200602 (2)
  • 200601 (1)

  • SEARCH


    OTHERS

  • RSS2.0
  • PAGE TOP