REPORT

白鳥マイカライブツアー2007チケット発売中!

白鳥マイカのワンマンライブツアーが決定致しました!
東名阪ツアーは3年ぶりとなります。
どうぞお見逃しなく!!!

一般発売開始日は東京・名古屋・大阪ともに
2007年9月15日(土)一斉発売開始です。


《白鳥マイカ LIVE HOUSE TOUR 2007》
    "陽光線 ~hikousen~"


11月1日(木) 東京渋谷 DUO
        開場19:00/開演19:30
        キャピタルビレッジ
        03-3478-9999

11月6日(火) 大阪梅田 SHANGRILA
        開場19:00/開演19:30
        キョードーチケットセンター
        06-6233-8888

11月7日(水) 名古屋 ell.FITS ALL
        開場18:30/開演19:00
        サンデーフォークプロモーション
        052-320-9100(10:00〜18:00)

チケット料金(税込) 3,000円(自由・整理番号付)
※各所ドリンク代別(500円)
お問合せ、チケットご購入は各地上記お電話まで。

皆様のお越しをお待ちしております!!!


Act Against Live2006
12月1日は世界エイズデー。
日本でも1993年から毎年各地で
チャリティーコンサートが行われてきました。

渋谷のBunkamuraオーチャードホールでは森山良子さん、
江原啓之さんナビゲートでのAAAコンサートがあり、
白鳥マイカもこちらに参加させて頂きました。

白鳥マイカのステージは本編の中盤辺りで、
タイヨウのうたとSomedayを歌いました。

森山さん江原さんをはじめ、オーチャードホールには
布施明さん、中西圭三さんSEASONSさん、aikaさん、
そして白鳥マイカが出演。それぞれのステージやジョイントもあり、
ラストは オーチャードホールでのAAAテーマソング
『愛が聴こえたら』を出演者全員、お客様もご一緒になって歌いました。

このAAAコンサートは皆の笑顔で繋がっているような
そんな気がしました。
そしてこのライブを通して、日本でもAidsに関しての関心が
更に深まっていけばと思います。

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

佐久ライブゲスト
2月16日、長野県の佐久総合病院ホールにて白鳥英美子のコンサートに
白鳥マイカもゲスト出演致しました。
今回はアンプラグドのように生ピアノ、ツインギター、ベースで5曲ほど歌いました。
東京タワーClub333 Live
晴れたクリスマスイヴのこの日、東京タワーの展望台にて
白鳥マイカのX'masライブがありました。

イヴが日曜日というのも久々だったようで、
この日の東京タワーは沢山の人達で賑わっていました。

3台くらいある展望台までのエレベーターではどれもなんと驚愕の40分待ち!!
ライブに間に合わないと、600段ある階段コースで来てくれた方々も
大勢いらっしゃいました。
本当に沢山の皆様にお越し頂き、有り難うございました。

白鳥のライブは13時からと15時からのそれぞれ40分ずつ。
お馴染みのナンバーを歌いつつ、X'masソングも2曲ほど披露。
『サンタが街にやってくる』では小道具も用意し、お客様からの手拍子もあり
非常に楽しく明るいライブとなりました。
1回目のステージでは少々緊張していたものの、2回目では曲順も変えて
またひと味違ったステージとなりました。

2回目のライブが終わる頃には陽も少しずつ傾きはじめ
タワーやその周りではライトがつき始めました。綺麗でしたね〜。

2006年の白鳥マイカのライブはこれにて終了。
また来年のライブでお会い致しましょう。

皆様どうもありがとうございました。
南青山マンダラワンマンライブ
2006年9月22日(金)に南青山のマンダラにて、約2年ぶりとなる白鳥マイカの
ワンマンライブが行われました。

これは今年の11月で白鳥マイカが
デビュー5周年を迎えると共に、9月25日にはななんと30歳!になるということで
なにかしらの区切り目になればと、白鳥自身の強い希望で企画されたものです。

久々のワンマン、久々のバンドでのライブは楽しみでもあり、ドキドキでもありました。
今回は感謝の気持ちも込め、来て頂いたお客様全員にはお土産に、特製ポストカード
3枚セットが一人一人に配られました。

曲も16曲と、アンコールが2曲の計18曲が披露され、およそ2時間弱のたっぷりとした
ライブになりました。

満杯の南青山マンダラ。
静寂を打ち破るようにSomedayが始まり、Red Clover、ウスアカノハナと、
デビューアルバムを代表する曲が続くと、2ndアルバムからもおなじみのナンバーが
ライブバージョンで演奏されました。

そしてホッと一息、この夏のイベントでよく演奏されたBlackbirdも好評。
ゲストには母・白鳥英美子を呼び、未発表曲のプッチーニの『私のお父さん』を共演しました。

後半戦には線、星の道しるべ、こわれ者といった濃厚なナンバーに続き
生では初になる『タイヨウのうた』も披露。

お客様とも終始笑いを交えた和やかなライブで、アンコールでは
この2006年の白鳥マイカを支えてくれたともいえる弾き語りで
一曲歌い、最後にバンド演奏と共にワンマンライブの幕を閉じました。

このワンマンライブを通して、白鳥本人もまた次への展望が見えたように思えます。

これまでの5年間があり、これからの白鳥マイカが今、生まれようとしています。

これからも是非ご期待下さい!!!
いつもライブにお越し頂いていますファンの皆様、
そして遠方はるばるお越し頂きました皆様、本当にどうもありがとうございました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

PAGE TOP